• ANA 全日空商事株式会社
  • 株式会社エスキュービズム

訪日外国人客が
集まる街へ

インバウンド
地方創生
プロジェクト

街をまるごと多言語化し、
訪日外国人(インバウンド)の
送客までをサポートします。

あの街はインバウンドで賑わっているのに、うちの街は全然来ない…に次の一手!

ウェブサイトだけを
多言語化しても意味がない。
接客だけを多言語化しても
意味がない。

こんなことが起こってます

悩み

受け入れ態勢を整えたのに、
訪日外国人に情報が
届いていないのか
街に来てくれない…

悩み

施策

街のあらゆる情報を多言語化
ウェブサイトに掲載、
ANAの訪日プロモーション媒体を
活用し外国人にリーチします。

施策

  • 地方の店舗や
    商工会のサイトから
    最新の情報を常に集約
  • 集約した情報を
    自動翻訳
  • ANAの訪日
    プロモーション媒体で
    外国人に情報をリーチ
  • インフルエンサーによる
    メディア拡散

悩み

訪日外国人は
街に来ているのだが、
なかなかお店に
入ってくれない…

悩み

施策

外国語での案内が無い、
言語がわからない不安を解消。
現地スタッフの接客負荷を
軽減する仕組みを提供します。

施策

  • 免税販売・軽減税率対応
    POSシステム
  • 翻訳接客
    タブレット
  • 店頭情報の
    多言語化
  • 街頭・店頭
    サイネージ

「見る、買う、接客、調べる」
全ての体験で母国語対応
しているのが成功の秘訣

あなたの街はどこまでできていますか?

街全体を多言語化
することが重要です

”観光名所や特産品、地域イベント情報をまとめたポータルサイトを外国語表示する”、集客の多言語化。”複数の外国語に対応したメニュー表や看板を作る”、接客の多言語化。

最近、このような取り組みを進めている地域や店舗を目にすることが増えてきました。もちろん多言語化は、外国人観光客を受け入れるために必要な準備のひとつです。しかし、どちらか一方だけを多言語化しただけで満足し、結果的にうまく行かないことが多いにあります。

外国人観光客に『また来たい』と思ってもらうためには、”集客” と ”接客” の両方をきちんと多言語化し、街全体で協力する必要があると、私たちは考えています。
本プロジェクトでは、街に興味を持ち旅行前の下調べで期待を抱かせる”集客”と、訪れた外国人観光客の不安を抑え旅行を楽しんでもらう”接客”を実現するための街のインフラづくりを支援します。

以下のことは全て我々におまかせください

・企画立案・予算取りの資料作成・調査・民間企業、住人への説明会・各所への説明会・国内外の広告〜集客・パンフレット・案内資料・地域イベントの準備

訪日外国人の帰国後の対応も考えていますか?

街全体をVR化してもう一度振り返ってもらう

訪れた場所を再度楽しんだり、家族へのお土産話にしたり、SNSで共有する仕組みを作って、もう一度訪問してもらうきっかけ作り。

訪れた街やお店を思い出してVR上で越境ECを体験

買うか迷っていた伝統工芸品、持ち帰ってみてとても美味しかったお菓子などをバーチャル空間上の店舗で購入してもらう。

調べる、予約する、見る、触る、体験する、帰国後。
点ではなく面で、全ての体験においてフォローしてこそ”真のおもてなし”だと、私たちは考えます。

街とWeb、すべてを多言語化して
共に地方を盛り上げましょう!

本プロジェクトに参加することで、外国人観光客に対するおもてなしをレベルアップすることが見込めます。
インバウンド(訪日外国人)対策に本気で取り組みたい地方自治体、行政、地域商工会のご担当者様からのお問い合わせをお待ちしております。

プロジェクトについて問い合わせをする